CONTENTS MENU

HOME
臼の豆知識
杵の豆知識
店舗情報
店長日記

店長あいさつ

ご来店いただきまして、ありがとうございます!喜びをお届けできるよう、頑張ってまいりますので、これからもよろしくお願いいたします。

info@gobany.jp
HOME»  コンテンツ»  臼の豆知識

臼の豆知識

臼の豆知識

臼を選ぶポイント~良い臼とはどんなものでしょう~


臼をご購入の際には何を判断基準にされているでしょうか?
臼の大きさ(外径等)、高さ、杢目、形状など各個人の好みの項目もありますが、すべてに共通する最重要ポイントは、『乾燥期間の長さ』です。
伐採後、1年未満の乾燥期間の短いものですと、お客様の所へ行ってから必ずといっていいほど大きな割れが発生します。製造元にて、2年、3年・・・5年と乾燥期間が長いほど、お客様の所に行ってからの割れの発生は少なくなります。
又、割れが発生しても大きく口を開いて「餅つき」に支障をきたす様なものはなく、線が入る程度のヒビで収まるのです。

製造元にて材料を加工する際に割れた箇所があればそこに「埋め木」等の修正をして出荷します。「埋め木」の多い臼は見た目は良くありませんが、お客様が臼を末永く使う分には良い臼なのです。
ですからお客様方々は、臼をご購入の際には、乾燥期間のなるべく長いものを選ばれることをお薦めします。
当店では、3年以上の乾燥材の加工を基本としています。


外観と乾燥期間(割れ)の関係


欅臼というものは欅の芯付き丸太を加工したもので、乾燥が進むにつれて必ずと言っていいほど割れが発生してきます。割れずして乾燥する場合もありますが、低確立です。

割れ発生のメカニズムを簡単にご説明させて頂くと、
「乾燥が進むにしたがい木のあちらこちらで収縮が進み、
その引っ張合う内部応力に耐え切れなくなった時に割れが発生する」
のです。

木が割れるとその部分は内部応力がある程度抜け、その後割れにくくなります。
逆に怖いのは、まったく割れの無い臼です。

割れのない臼で考えられるのは、下記の何れかです。
(1)生木で作製。(2)たまたま割れずしてある程度乾燥した。

(1)の生木で作った臼というのは、お客様の所に行ってから必ずひどい割れ方をします。
(2)であれば割れにくい臼が出来ますので問題ありません。
(1)(2)のどちらの臼かは一般の方では見分けが付かないと思います。
銘木の専門家ならある程度は判断できます。
臼屋さんでの材料乾燥期間が長ければ長いほど、どこかしらに割れが発生するので製作時には割れ部分に埋め木をします。お客様が臼を選ぶ際、臼の外周や縁に埋め木があるものは嫌われる傾向がありますが、お客様の所に行って割れにくい臼というのは実は「埋め木の多い臼」なのです。(それだけ内部応力が抜けていると言う事)

「埋め木がある臼は外観は劣るがそれだけ乾燥期間を設けているので割れにくい」

当店では、外観よりも「割れにくい臼を作る」というのがポリシーでして材料の乾燥には特に気を使っています。


臼材料の乾燥状態について


臼の大敵は、なんといっても『割れ』です。
『割れ』の程度によって『もちつき』に支障をきたす場合もございます。
その『割れ』は、材料の乾燥状態の悪いものほど大きく割れ、発生箇所も多くなってきます。
当店では、お客様により良いものをお届する為、材料の乾燥には十分な配慮をしております。

1.ケヤキ、原木丸太にて約1年間の自然乾燥
2.木取り(長さ約60cmに切断)をして、さらに約1年間の自然乾燥
3.穴の荒堀りをして、さらに約1年間の自然乾燥

上記の様な工程をとっておりますので、最低でも約3年間の自然乾燥させた材を加工しております。



1.臼が大きい
今や『お餅つき』は、餅を作るということだけでなくイベント等で『見せる』とか『文化の継承』といった意味合いもあるのではないでしょうか。
そうなると、なるべく『どっしりとした風格のある大きな臼』で餅つきをしたいものですね。

当店の臼は、『大きな丸太を削った「化粧臼仕上げ」で、それでいて臼が大きい』という非常に贅沢な材料使いをしております。
これには、見た目だけの事ではなく以下のような理由があるのです。
同じ2升用臼にしても
● 外径が小さな臼ですと、餅つきをしている際に臼の安定が良くない為に動いてしまいやすいのです。
● 内径が小さい臼(1尺程度)ですと「せいろ」から蒸した餅米をうつす際にうつしにくくこぼしてしまいやすいのです。
● 小さな木で2升用を作るとなるとどうしても深く掘らなければなりませんが、そうすると杵を振り下ろした際の杵の柄と臼のふちの距離が近くなって『餅がつきにくい』、『杵の寿命が短くなる』等の支障がでてきます。

以上の様な事から、『小さな材料で2升用を作るより、ゆとりを持って大きな材料で2升用を作ったほうが良い』という考え方なのです。
2.低価格
当店は広葉樹専門の材木屋です。
原木丸太仕入れから、臼完成までを一貫生産にて製造しておりますので、どこよりも安くお客様にご提供させて頂けるのです。
例えば、外径尺7寸(51cm)の臼を例にとって見ても、どこよりもかなり安くさせて頂いております。
3.短納期
完成間近な仕掛かり状態での材料在庫を常に準備しておりますので、ご注文の連絡を頂いてから早ければ2日後、遅くとも5日後には発送できます。
ただし、当方の都合により対応できない場合もございますのでご注文の際によくご確認ください。また、11月後半から12月中にご注文頂いた際にももう少し時間がかかります。
4.臼お買い上げ時の特典
2台以上まとめてお買い上げの場合、臼の台数と同数の杵を無料サービス(杵は大、中、小いずれでも可)します。
★臼2台の場合は杵2本サービス
★臼3台の場合は杵3本サービス
5.早期ご予約注文時の特典
年末に臼がご入用のお客様で、8月末までに予約注文頂いたお客様に限り下記のいずれかの特典を申し受けます。ただし、10万円以上の臼に限ります。
● 杵1本無料サービス(大・中・小いずれでも可)
ただし、サービス分の送料はお客様負担になります。
● 送料の無料サービス(当社が負担いたします)
TEL・FAX・Eメールでのご予約注文時に、ご希望をお申し付け下さい。

けやき臼のできるまで


けやき原木丸太、仕入れ 約1年間、自然乾燥させる けやき原木丸太、仕入れ 約1年間、自然乾燥させる   屋外で1年間乾燥させた材を屋内にて2年目に入りました。
屋外で1年間乾燥させた材を屋内にて2年目に入りました。
  約2尺(約60cm)に切って約1年間、自然乾燥させる
約2尺(約60cm)に切って約1年間、自然乾燥させる
けやき原木丸太、仕入れ
約1年間、自然乾燥させる
  屋外で1年間乾燥させた材を屋内にて2年目に入りました。
(H20.3.5.撮影)
  約2尺(約60cm)に切って
約1年間、自然乾燥させる
荒掘りして約1年間、自然乾燥させる
荒掘りして約1年間、自然乾燥させる
毎年1~2月で荒掘り、荒みがきをして、秋の加工にそなえます。
毎年1~2月で荒掘り、荒みがきをして、秋の加工にそなえます。春の割れはじめる直前に割れ防止剤を塗ります。(荒堀してすぐに塗るとカビが発生しやすい為)(H20.3.5.撮影)
左は割れ防止剤を塗っていませんが右は塗っています。
左は割れ防止剤を塗っていませんが右は塗っています。
荒掘りして
約1年間、自然乾燥させる
    左は割れ防止剤を塗っていませんが右は塗っています。個々の材料の様子を見計らって塗っていきます。(H20.3.5.撮影)
完成
完成